<琵琶湖博物館>10万匹に1匹 珍しい「雌雄カブトムシ」(毎日新聞)

雌雄両方の特徴を持つカブトムシが、滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)で12日から展示されている。体長約4センチ。雄の特徴の角が頭部にあるが、左に短く曲がり、胸部には小さな角がない代わりに、雌の特徴の筋が入っている。

 京都市の主婦、松村直子さん(29)が自宅で今年羽化させた約20匹の中から見つけ、先月27日に同館に持ち込んだ。調査の結果、10万匹に1匹ともされる、雌雄の特徴を両方持つ個体と分かった。

 息子2人と夫も虫好きの松村さん。「見付けた時は家族で大興奮した。多くの子供たちに自然の不思議を感じてほしい」【礒野健一】