広島の左腕塹江は1回無失点 2度目のフレッシュ球宴で好投(デイリースポーツ)

フレッシュオールスター、ウエスタン-イースタン」(12日、はるか夢球場

 広島・塹江敦哉投手が2番手としてマウンドに上がり、1回を1安打無失点で役割を終えた。

 0-0の二回に登板。先頭の村上に中前打を許したが、安田を空振り三振。岩見を直球で遊ゴロに仕留めた。2死三塁とピンチを迎えたものの、戸川を直球で空振り三振。緩急をうまく使い、16年以来2度目のフレッシュ球宴を0封で抑えた。